早めの対処が大切|体の状態を整えるには敷布団選びがポイント|腰痛を改善できる

体の状態を整えるには敷布団選びがポイント|腰痛を改善できる

早めの対処が大切

脚

外反母趾は、ハイヒールを履く女性がなるものだという印象がありますが、男性もなります。外反母趾とは、親指が小指の方向に15度以上曲がってしまったものをいいます。ひどくなると30度曲がることもあります。非常に痛みを伴うもので、ひどくなると痛みで歩けなくなることもあります。そのまま放っておくと、足の痛みをかばうように歩くため重心がかかとにかかってしまい、体はバランスを取ろうとして結果的に肩こりや腰痛など全身に影響を及ぼすようになります。外反母趾は最初は痛みが強く出ますが、だんだん痛みがなくなってきます。痛みがなくなっても、足の変形により体にさまざまな影響が出るため、痛みがあるうちに対処することが大切です。

外反母趾になる原因は、足の筋力の低下や、足の形によるものです。また、普段歩くときに足の指を使わずに足裏だけで歩く人も、外反母趾になりやすいと言われています。足の指を使わずに足裏だけで歩くと、指の付け根が支点となるため常に負担がかかり、痛みが出たり骨が変形したりします。痛みが出たら、早い段階でテーピングやサポーターを使用することがとても大切です。変形が進んでしまうと、改善までに時間がかかってしまいます。ひどくなると手術をすることもありますが、術後に問題が出る人もいるため、安易に手術することはお勧めできません。また、最近子どもにも外反母趾が増えています。小さいころから、足に負荷のかかる靴は避けるようにして、足の成長を妨げないような靴選びを行ないましょう。